『羊の歌』余聞

加藤 周一 著 , 鷲巣 力 編集

時代と鋭く切り結び、
歴史を手放さず、
未来を見据えた
不屈の精神の軌跡!

独特な思考のスタイルと印象的な文体はどのように作られたのだろうか。その視点から多くのエッセイを渉猟して整理し、創造の過程を辿る。
【解説: 鷲巣力 】

『羊の歌』余聞
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:か-51-3
  • 刊行日: 2011/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-42895-0
  • JANコード:9784480428950
加藤 周一
加藤 周一

カトウ シュウイチ

1919―2008年。東京生まれ。東京帝国大学医学部卒。早くからヨーロッパ文学や日本の古典文学を読む。戦後、多彩な執筆活動を展開。中村真一郎・福永武彦と『一九四六・文学的考察』『マチネ・ポエティク詩集』などを刊行。その他、『芸術論集』『羊の歌』(正・続)『夕陽妄語』『日本文学史序説』(上・下)『言葉と戦車を見すえて』など多くの著書があり、『加藤周一著作集』(全24巻)に集大成されている。つねに広い視野に立って、文明批評を展開。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学をはじめ、ドイツ、イギリス、アメリカ、スイス、イタリアの大学や、上智大学、立命館大学などで教鞭をとる。2004年、平和憲法擁護の「九条の会」の呼び掛け人となる。

鷲巣 力
鷲巣 力

ワシズ ツトム

編集著述業。一九四四年東京都生れ。東京大学法学部卒業後、平凡社入社。「林達夫著作集」「加藤周一著作集」の編集に携わり、『太陽』編集長、同社取締役を務める。退任後、東京大学新聞研究所、明治学院大学、立教大学、跡見学園女子大学で非常勤講師。著書に『自動販売機の文化史』(集英社新書)『公共空間としてのコンビニ』(朝日新聞出版)『加藤周一を読む』(岩波書店)など。編纂に『加藤周一自選集』(岩波書店)など。

この本の内容

加藤周一の半生記『羊の歌』は『日本文学史序説』と並ぶ代表作である。それは、祖父の話から始まり、1960年、加藤が40歳のときで終わっている。本書は『羊の歌』に連なる著作や対談を収める。ここには『羊の歌』に書かれたことが補われ、あるいは書かれなかったことも加えられている。90年近い生涯のなかで、加藤が何を考え、何を次代に伝えようとしたかが、本書のなかに響きわたる。

この本の目次

1 (『羊の歌』その後)
2 (「ネギ先生」の想い出
日本の抒情詩―古典についての私事にわたる覚書
読書の想い出
フランスから遠く、しかし… ほか)
3 (戦時下のある風景―対談者・江藤文夫
世界の大学で―対談者・江藤文夫
私と戦後五五年
教養に何ができるか―対談者・徐京植)
4 (私の立場さしあたり)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可