加藤 周一
カトウ シュウイチ

1919―2008年。東京生まれ。東京帝国大学医学部卒。早くからヨーロッパ文学や日本の古典文学を読む。戦後、多彩な執筆活動を展開。中村真一郎・福永武彦と『一九四六・文学的考察』『マチネ・ポエティク詩集』などを刊行。その他、『芸術論集』『羊の歌』(正・続)『夕陽妄語』『日本文学史序説』(上・下)『言葉と戦車を見すえて』など多くの著書があり、『加藤周一著作集』(全24巻)に集大成されている。つねに広い視野に立って、文明批評を展開。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学をはじめ、ドイツ、イギリス、アメリカ、スイス、イタリアの大学や、上智大学、立命館大学などで教鞭をとる。2004年、平和憲法擁護の「九条の会」の呼び掛け人となる。

検索結果

前のページへ戻る
15件1~15件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

夕陽妄語3 2001−2008

加藤 周一 著 

加藤周一は、死の直前まで時代を見つめ、鋭い知性と明晰な言葉でその意味を探り、展望を示し続けた。単行本未収録分を含む決定版。解説 小川和也

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2016/04/06  ISBN 978-4-480-43340-4
JANコード 9784480433404

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

夕陽妄語2 1992−2000

加藤 周一 著 

生きていることを十全に楽しみつつ、政権や国際政治には鋭い批判を加え、しかし、決して悲観的にはならない。代表作としての時評。解説 鷲巣力

ちくま文庫  文庫判   544頁   刊行日 2016/03/09  ISBN 978-4-480-43339-8
JANコード 9784480433398

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

夕陽妄語1 1984‐1991

加藤 周一 著 

高い見識に裏打ちされた時評は時代を越えて普遍性を持つ。政治から文化まで、二〇世紀後半からの四半世紀を、加藤周一はどう見たか。解説 成田龍一

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2016/02/09  ISBN 978-4-480-43338-1
JANコード 9784480433381

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

『日本文学史序説』補講

加藤 周一 著 

文学とは何か、〈日本的〉とはどういうことか、不朽の名著について、著者自らが縦横に語った講義録。大江健三郎氏らによる「もう一つの補講」を増補。

ちくま学芸文庫  文庫判   352頁   刊行日 2012/09/10  ISBN 978-4-480-09489-6
JANコード 9784480094896

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

『羊の歌』余聞

加藤 周一 著  鷲巣 力 編集 

独特な思考のスタイルと印象的な文体はどのように作られたのだろうか。その視点から多くのエッセイを渉猟して整理し、創造の過程を辿る。 <br /> 【解説: 鷲巣力 】

ちくま文庫  文庫判   352頁   刊行日 2011/12/07  ISBN 978-4-480-42895-0
JANコード 9784480428950

定価:本体880 円+税

在庫  切れ中

歴史・科学・現代 ─加藤周一対談集

加藤 周一 著 

知の巨人が、丸山真男、湯川秀樹、サルトルをはじめとする各界の第一人者とともに、戦後日本の思想と文化を縦横に語り合う。 <br /> 【解説: 鷲巣力 】

ちくま学芸文庫  文庫判   304頁   刊行日 2010/07/07  ISBN 978-4-480-09294-6
JANコード 9784480092946

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

三題噺

加藤 周一 著 

丈山の処世、一休の官能、仲基の知性……著者自らの人生のテーマに深くかかわる三人の人生の断面を見事に描いた意欲的創作集。 <br /> 【解説: 鷲巣力 】

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2010/01/06  ISBN 978-4-480-42671-0
JANコード 9784480426710

定価:本体780 円+税

言葉と戦車を見すえて ─加藤周一が考えつづけてきたこと

加藤 周一 著  小森 陽一 編集  成田 龍一 編集 

知の巨人・加藤周一が、日本と世界の情勢について、何を考え何を発言しつづけてきたのかが俯瞰できる論考群を一冊に集成。 <br /> 【解説: 小森・成田 】

ちくま学芸文庫  文庫判   448頁   刊行日 2009/08/10  ISBN 978-4-480-09238-0
JANコード 9784480092380

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

高原好日 ─20世紀の思い出から

加藤 周一 著 

夏の軽井沢を精神の故郷として半世紀以上を過ごした著者が、その地での様々な交友を回想し、興の赴くままに記した「随筆」集。 <br /> 【解説: 成田龍一 】

ちくま文庫  文庫判   256頁   刊行日 2009/02/10  ISBN 978-4-480-42531-7
JANコード 9784480425317

定価:本体700 円+税

二〇世紀の自画像

加藤 周一 著 

歴史は復讐するか? 優れた文明批評家として時代を観察してきた著者が、体験に重ね合わせながら二〇世紀をふり返り、新たな混沌が予感される現代を診断する。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2005/09/05  ISBN 4-480-06257-2
JANコード 9784480062574

定価:本体780 円+税

日本文学史序説 (下)

加藤 周一 著 

従来の文壇史やジャンル史などの枠組みを超えて、幅広い視座に立ち、江戸町人の時代から、国学や蘭学を経て、維新・明治、現代の大江まで。

ちくま学芸文庫  文庫判   592頁   刊行日 1999/04/08  ISBN 4-480-08488-6
JANコード 9784480084880

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

日本文学史序説 (上)

加藤 周一 著 

日本文学の特徴、その歴史的発展や固有の構造を浮き上がらせて、万葉の時代から源氏・今昔・能・狂言を経て、江戸時代の徂徠や俳諧まで。

ちくま学芸文庫  文庫判   560頁   刊行日 1999/04/08  ISBN 4-480-08487-8
JANコード 9784480084873

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

日本文学史序説(下)

加藤 周一 著 

単行本  A5判   522頁   刊行日 1980/04/10  ISBN 4-480-82072-8
JANコード 9784480820723

定価:本体3,495 円+税

日本文学史序説(上)

加藤 周一 著 

日本文学が他国に比してもつ著しい特徴を、八世紀から今日に至るまで、各時代の社会的・世界観的背景から関連づけ、その固有の構造を解明した日本文学通史。

単行本  A5判   324頁   刊行日 1975/02/28  ISBN 4-480-82071-X
JANコード 9784480820716

定価:本体2,524 円+税

現代日本文学大系82 加藤・中村・福永集

加藤 周一 著  中村 真一郎 著 

シリーズ・全集  菊判   440頁   刊行日 1971/06/05  ISBN 978-4-480-10082-5
JANコード 9784480100825

定価:本体6,000 円+税

在庫  ○

  • 1