もの食う本

木村 衣有子 著 , 武藤 良子

食べごたえのある本40冊を、
読みくだき、味わいつくす。

四十冊の「もの食う」本たち。文学からノンフィクション、生活書、漫画まで、白眉たる文章を抜き出し咀嚼し味わう一冊。

もの食う本
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:き-34-1
  • 刊行日: 2011/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-42898-1
  • JANコード:9784480428981
木村 衣有子
木村 衣有子

キムラ ユウコ

随筆家。1975年栃木生まれ。東京・浅草に暮らしながら、盛岡通いを続ける。生活哲学を映したエッセイに定評がある。著書に『京都カフェ案内』『猫の本棚』(平凡社)、『あのとき食べた、海老の尻尾』(大和出版)、『味見はるあき』(木村半次郎商店)などがある。

著者に関する情報

著者のブログはこちら

武藤 良子
武藤 良子

ムトウ リョウコ

1971年東京生まれ。イラストレーター。書籍の挿画などを数多くてがける。

この本の内容

食べることもごはんをつくることも好きな著者が、ものを食べるシーンに注目して、本を読む。宮澤賢治から江國香織まで、食のディープな現場を取材した本から、生活実用書、マンガまで。選んだ本の中から「これ!」と思うくだりを抜き出し、読みくだき、咀嚼し、思いを深める。40冊の「もの食う本」を、読みたくなると同時に、食うことについてのさまざまな感覚がそそられる本。

この本の目次

やわらかなレタス―江國香織
センセイの鞄―川上弘美
富士日記―武田百合子
鮨―岡本かの子
台所帖―幸田文
玉子ふわふわ―早川茉莉編
貧乏サヴァラン―森茉莉
狩猟サバイバル―服部文祥
世界屠畜紀行―内澤旬子
牛を屠る―佐川光晴〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可