みみずく偏書記

由良 君美

奇(稀)書、古書、名著
そして……

才気煥発で博識、愛書家で古今東西の書物に通じた著者が、書狼に徹し書物を漁りながら、読書の醍醐味を多面的に物語る。
【解説: 富山太佳夫 】

みみずく偏書記
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ゆ-4-1
  • 刊行日: 2012/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-42945-2
  • JANコード:9784480429452
由良 君美
由良 君美

ユラ キミヨシ

1929−1990年。学習院大学哲学科、および英米文学科卒業。1956年、慶應義塾大学大学院英米文学専攻修士課程修了。同大学助教授を経て、65年より東京大学助教授。76年教授。89年、定年退官、名誉教授。英文学者。専門は、コールリッジを中心とした英国ロマン派文学であるが、言語学、比較文学はもとより、オカルト、サブカルチャーとその守備範囲は広い。詩と本とパイプとウィスキーを愛し、自らをみみずくになぞらえた。著書に『椿説泰西浪曼派文学談義』『言語文化のフロンティア』、訳書にG.スタイナー『言語と沈黙』『脱領域の知性』などがある。

この本の内容

才気煥発で博識、古今東西の書物に通じた著者が、書狼に徹し書物を漁りながら読書の醍醐味を物語る。

この本の目次

読書狂言綺語抄
みみずく偏書記
書志渉猟
わたしの読書遍歴
反能率的読書法
辞書とのつきあい
書物についての書物

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可