ムーミンを読む

冨原 眞弓

ほんとうに知っている?
ムーミンたちのこと

ムーミンの第一人者が一巻ごとに丁寧に語る、ムーミン物語の魅力! 徐々に明らかになるムーミン一家の過去や仲間たち。ファン必読の入門書。

ムーミンを読む
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:と-19-3
  • 刊行日: 2014/01/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-43133-2
  • JANコード:9784480431332
冨原 眞弓
冨原 眞弓

トミハラ マユミ

1954年生まれ。聖心女子大学哲学科教授。フランス哲学専攻。89年にヤンソン作品に出会い、原著を読むためにスウェーデン語を習得。以後、ヤンソン作品の翻訳・研究を多数手掛ける。著書に『シモーヌ・ヴェイユ 力の寓話』『ムーミンを読む』『ムーミン谷のひみつ』『ムーミン谷のひみつの言葉』『トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界』など。訳書にヤンソン作品多数のほか、「ムーミン・コミックス」がある。『根をもつこと』『自由と社会的抑圧』などシモーヌ・ヴェイユ著作の編訳書も多い。

この本の内容

ムーミンの物語には、謎が多い。彼らはどこから来てどこへ行くのか。次々と起こる事件、冒険、旅、そして断片的に語られる過去…。本書は九つの物語をひとつの作品世界として読み解こうという試み。作者ヤンソンのエピソードもまじえながら、ムーミン谷の小さな出来事の連なりが大きな意味を醸成していくさまを明らかにしていく。

この本の目次

『小さなトロールと大きな洪水』物語の序章
『ムーミン谷の彗星』地球の終わりとスニフの冒険
『たのしいムーミン一家』ふたつの魔法
『ムーミンパパの思い出』若きムーミンパパの冒険
『ムーミン谷の夏まつり』スナフキンのとまどい
『ムーミン谷の冬』ふしぎの国のムーミン
『ムーミン谷の仲間たち』ミイはいつでもミイ
『ムーミンパパ海へ行く』ムーミンママの危機
『ムーミン谷の十一月』ムーミンたちを待つトフト

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可