酒のさかな

高橋 みどり

幻の名店おかみ
舟田キミヱさん直伝98皿

ささっと切ったり合わせたり、気のきいた器にちょっと盛ればでき上がり。ついつい酒が進む、名店「にぼし」店主・船田さんの絶妙肴98品を紹介。

酒のさかな
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0177
  • 整理番号:た-73-2
  • 刊行日: 2014/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:200
  • ISBN:978-4-480-43225-4
  • JANコード:9784480432254
高橋 みどり
高橋 みどり

タカハシ ミドリ

1957年、東京生まれ。スタイリスト。女子美術大学短期大学部卒業。大橋歩さんの下で働いた後、当時、自由が丘の「ぽんぽん船」のおかみだった船田さんとともにケータリングの仕事を始める。1987年、スタイリストとして独立。おもに料理のスタイリングを手がける。『くいしんぼう』、『伝言レシピ』、『ヨーガンレールの社員食堂』、『私の好きな料理の本』などの著書がある。

この本の内容

秋なら「めざしごま衣揚げ」に「和風コールスロー」、冬なら「ぶり大根」…著者がお酒の師匠として、ずっと本にしたかった幻の名店「にぼし」おかみ船田キミヱさんの肴が一冊に。敷居は決して高くありません。ささっと切ったりあえたりして、気のきいた器にちょっと盛れば出来上がり。材料も手順も少なくて、ついついお酒が進んでしまう98品。お酒のしめにぴったりなレシピも載っています。

この本の目次

はる(新じゃがのキンピラ
新ごぼうと豆腐の卵とじ ほか)
なつ(ゴーヤと豚肉、豆腐炒め
炒りそら豆 ほか)
あき(めざしごま衣揚げ
炒り豆腐 ほか)
ふゆ(白菜のホットサラダ
白菜と春菊のとろろ昆布煮 ほか)
お酒のしめに(野菜のけんちん汁
のりすい ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可