日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想

任 文桓

朝鮮人エリートの葛藤と闘い

植民地コリア出身の著者は体制の差別と日本人の援助を受け、同胞の為に朝鮮総督府の官僚となる。植民地世代が残した最も優れた回想録。

日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0131
  • 整理番号:い-86-1
  • 刊行日: 2015/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-43245-2
  • JANコード:9784480432452
任 文桓
任 文桓

イム ムナン

1907年、韓国忠清南道生まれ。23年、日本へ渡る。京都で牛乳配達、人力車夫をし、周囲の日本人の援助も受け、同志社中学で学び、岡山の旧制六高を経て東京帝大法学部に進む。34年、高等文官試験に合格。35年より朝鮮総督府行政官として勤務。戦後、農林大臣、韓国貿易協会会長を歴任。1993年死去。

この本の内容

日本帝国の植民地だった時代、コリアに生まれた著者は差別を受けながらも、体制の中で同胞を救うべく、朝鮮総督府の官僚となる。―若き日に日本に渡り、苦学しながらも、日本人たちの援助を受け、エリートコースを歩む様子、朝鮮戦争の渦中での緊迫感あふれる描写、戦後大韓民国で疎まれながらも力を尽くす姿が、優れた日本語で生き生きと描かれる。

この本の目次

第1章 明滅する星に守られて
第2章 大望なき青雲の志
第3章 目高が鯉に成りはしたが
第4章 深淵上の曲芸
第5章 三度、四度、五度目の国籍変更
第6章 乱世の理、治世の非理
第7章 余録

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可