「幕末」に殺された女たち

菊地 明

騒乱の時代を生きた
22人を通して描く
【文庫オリジナル】

黒船来航で幕を開けた激動の時代に、心ならずも命を落としていった23人の女性たちを通して描く、もうひとつの幕末維新史。文庫オリジナル。

「幕末」に殺された女たち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:き-26-2
  • 刊行日: 2015/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-43264-3
  • JANコード:9784480432643
菊地 明
菊地 明

キクチ アキラ

1951年東京都生まれ、日本大学芸術学部卒。幕末史研究家。著書に『龍馬 最後の真実』『龍馬暗殺完結篇』『クロニクル坂本龍馬の33年』『新選組全史(上・中・下)』『新選組の新常識』『土方歳三遺聞』『沖田総司伝私記』『京都見廻組史録』『幕末天誅斬奸録』『幕末百人一首』『「幕末」15年・7大事件で歴史の真相を大整理』ほか多数。編著に『土方歳三日記(上・下)』『京都守護職日誌(全5巻)』、共著に『坂本龍馬日記』『新選組日誌』『新選組実録』など。

この本の内容

黒船来航を契機として、未曾有の激動の時代を経験することとなった日本。その荒波に揉まれ、新しい世界を夢みて混沌の只中に飛び込んでいった男たちの陰で、運命の悪戯から心ならずも命を落とした女たちがいた。安政の大獄、桜田門外の変、池田屋事件、水戸天狗党、戊辰戦争…。時代に翻弄され、歴史の片隅に忘れられていった22人を通して描く、もうひとつの幕末維新史。文庫オリジナル。

この本の目次

梅田雲浜の妻・信―国事に奔走する夫を支えながら病死した女
洋妾・斎藤きち―米国総領事に雇われ、人々の蔑みを受け続けて自殺した女
関鉄之介の妾・瀧本―桜田門外の変の関係者として捕らえられ、拷問を受けて死んだ女
児島強介の養母・手塚増子―坂下門外の変によって捕縛され、獄中死した息子を見送って病死した女
清河八郎の妻・蓮―反幕攘夷派の夫の身代わりとして捕らえられ、出獄後に急死した女
岩亀楼の遊女・喜遊―「ラシャメン」になることを拒絶して自殺した女
井伊直弼の妾・村山可寿江―生き晒しにされたうえ息子の命を奪われ、絶望のなかで最期を迎えた女
勝野豊作の妻・ちか―安政の大獄で出奔した夫を庇って投獄され、夫の死を知らずに病死した女
芹沢鴨の妾・梅―壬生浪士組の暗殺事件の犠牲となった女
武田相模守の母・某―天誅事件に巻き込まれて殺害された女〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可