ありきたりの狂気の物語

チャールズ・ブコウスキー 著 , 青野 聰 翻訳

すべてに見放されたサイテーな毎日。その一瞬の狂った輝きを切り取る、伝説的カルト作家の愛と笑いと哀しみに満ちた異色短篇集。解説 戌井昭人

ありきたりの狂気の物語
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ふ-50-3
  • 刊行日: 2017/09/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-43460-9
  • JANコード:9784480434609
チャールズ・ブコウスキー
チャールズ・ブコウスキー

ブコウスキー,チャールズ

1920−94年。ドイツ生まれ。3歳でアメリカに移住。LAシティ・カレッジ中退ののちアメリカ各地を放浪し、24歳で最初の小説を発表する。その後は郵便局に勤務しつつ創作活動を続ける。現在までに100冊に及ぶ著作が刊行されている。邦訳に『勝手に生きろ!』『町でいちばんの美女』『ありきたりの狂気の物語』『くそったれ! 少年時代』『詩人と女たち』など。

青野 聰
青野 聰

アオノ ソウ

1943年、東京生まれ。早稲田大学中退。作家。1979年『愚者の夜』で芥川賞受賞。『女からの声』で野間文芸新人賞、『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、『母よ』で読売文学賞を受賞する。2008年、紫綬褒章を受章。他に『南の息』『海亀に乗った闘牛師』など。

この本の内容

なぜか酔いどれの私が付添人を務めることになった結婚式のめちゃくちゃな顛末(「禅式結婚式」)。残業だらけの工場を辞め、編集者として再出発した男がやらかした失敗の数々(「馬鹿なキリストども」)。何もかもに見放された空っぽでサイテーな毎日。その一瞬の狂った輝きを切り取った34の物語。伝説的カルト作家による愛と狂気と哀しみに満ちた異色短篇集。

この本の目次

狂った生きもの
日常のやりくり
一ドルと二十セント
極悪人
服役の思い出
ハリウッドの東の瘋癲屋敷
職業作家のご意見は?
禅式結婚式
再会
競馬と家庭
さよならワトソン
詩人の人生なんてろくでもない
真夏の詩人寮
馬鹿なキリストども
男の繊細さ
レイプ!レイプ!
悪の町
愛せなければ通過せよ
素足
静かなやりとり
ビールと詩人とおしゃべり
レノで男を撃った
女たちの雨
パーティーのあと
アイリスのような
空のような目
ウォルター・ローウェンフェルズに
自殺体質
ペストについて
バットトリップ
ポピュラー・マン
酔いどれギャンプラー
マリファナパーティーにて
毛布

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可