戦場体験者 ─沈黙の記録

保阪 正康

戦争から70年を過ぎ、戦地を体験した人々が少なくなる中、戦場の記録と記憶をどう受継ぎ歴史に刻んでゆくのか。力作ノンフィクション。解説 清水潔

戦場体験者 ─沈黙の記録
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ほ-16-7
  • 刊行日: 2018/06/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43522-4
  • JANコード:9784480435224
保阪 正康
保阪 正康

ホサカ マサヤス

1939年北海道生まれ。同志社大学文学部卒業。日本近代史、とくに昭和史の実証的研究を志し、政治家から無名の人々まで膨大な取材をもとに多数の著書を発表している。また、個人誌『昭和史講座』を中心とする研究活動で菊池寛賞を受賞。主な著書に『東條英機と天皇の時代』『三島由紀夫と楯の会事件』『定本後藤田正晴』『数学に魅せられた明治人の生涯』(以上、ちくま文庫)、『農村青年社事件』『帝国軍人の弁明』(以上、筑摩選書)、『若い人に語る戦争と日本人』(ちくまプリマー新書)、『憲法を百年いかす』(半藤一利との共著、小社刊)がある。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可