保阪 正康
ホサカ マサヤス

1939年、北海道生まれ。同志社大学文学部卒業。日本近代史、とくに昭和史の実証的研究を志し、歴史の中に埋もれた事件・人物のルポルタージュを心がける。個人誌「昭和史講座」を中心とする一連の昭和史研究で菊池寛賞を受賞。著書に『戦場体験者 沈黙の記録』(筑摩書房)、『東條英機と天皇の時代』(ちくま文庫)、『若い人に語る戦争と日本人』(ちくまプリマー新書)、『農村青年社事件』『帝国軍人の弁明』(以上、筑摩選書)、『昭和史七つの謎』(講談社文庫)、『ナショナリズムの昭和』(幻戯書房)など多数がある。

検索結果

前のページへ戻る
14件1~14件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

定本 後藤田正晴 ─異色官僚政治家の軌跡

保阪 正康 著 

治安の総帥から政治家へ。――異色の政治家後藤田正晴は、どのような信念を持ち、どんな決断を下したのか。その生涯を多面的に読み解く決定版評伝。

ちくま文庫  文庫判   512頁   刊行日 2017/08/07  ISBN 978-4-480-43459-3
JANコード 9784480434593

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

帝国軍人の弁明 ─エリート軍人の自伝・回想録を読む

保阪 正康 著 

昭和陸軍の軍人たちは何を考え、どう行動し、それを後世にどう書き残したか。当事者自身の筆による自伝・回想・証言を、多面的に検証しながら読み解く試み。

筑摩選書  四六判   208頁   刊行日 2017/07/13  ISBN 978-4-480-01654-6
JANコード 9784480016546

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

戦場体験者 沈黙の記録

保阪 正康 著 

日本の敗戦から70年。戦争体験者が減るなかで、実際の戦場を体験した人々が、戦後社会をどう生き、悲惨な体験をどう伝えようとしたのか、その実像に迫る。

単行本  四六判   256頁   刊行日 2015/07/23  ISBN 978-4-480-81842-3
JANコード 9784480818423

定価:本体1,900 円+税

在庫  ○

戦後日本の「独立」

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

1952年、講和条約が発効し、日本は「独立」する。その独立の内実とそこに至る経緯は一体いかなるものだったのか。第一級の昭和史研究者たちが検証する。

単行本  四六判   416頁   刊行日 2013/08/08  ISBN 978-4-480-85806-1
JANコード 9784480858061

定価:本体2,400 円+税

在庫  ○

占領下日本 上

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

1945年からの7年間日本は「占領下」にあった。この時代を問うことは戦後日本を問いなおすことである。天皇からストリップまでを語り尽くす。

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2012/08/08  ISBN 978-4-480-42965-0
JANコード 9784480429650

定価:本体780 円+税

在庫  ○

占領下日本 下

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

日本の「占領」政策では膨大な関係者の思惑が錯綜し揺れ動く環境の中で、様々なあり方が模索された。昭和史を多様な観点と仮説から再検証する。

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2012/08/08  ISBN 978-4-480-42966-7
JANコード 9784480429667

定価:本体780 円+税

在庫  ○

数学に魅せられた明治人の生涯

保阪 正康 著 

数学の才能に富んだ一庶民が日清・日露、太平洋戦争と激動の時代を懸命に生き抜く姿を通して、近代日本の哀歓と功罪を描くノンフィクション・ノベル。

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2012/02/08  ISBN 978-4-480-42907-0
JANコード 9784480429070

定価:本体840 円+税

在庫  ○

農村青年社事件 ─昭和アナキストの見た幻

保阪 正康 著 

不況にあえぐ昭和12年、突如全国で撒かれた号外新聞。そこには暴動・テロなどの見出しがあった。昭和最大規模のアナキスト弾圧事件の真相と人々の素顔に迫る。

筑摩選書  四六判   336頁   刊行日 2011/12/13  ISBN 978-4-480-01530-3
JANコード 9784480015303

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

孫文の辛亥革命を助けた日本人

保阪 正康 著 

百年前、辛亥革命に協力し、アジア解放の夢に一身を賭した日本人がいた。彼らの義に殉じた生涯を、激動の時代を背景に描く。 <br /> 【解説: 清水美和 】

ちくま文庫  文庫判   400頁   刊行日 2009/08/10  ISBN 978-4-480-42634-5
JANコード 9784480426345

定価:本体840 円+税

占領下日本

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

戦後日本の大枠は1945年から52年までのアメリカ占領下で決められたが、多くの謎や未解決の問題が残されている。その解明に挑んだ4人の専門家の白熱の討論の記録。

単行本  四六判   464頁   刊行日 2009/07/23  ISBN 978-4-480-85791-0
JANコード 9784480857910

定価:本体2,300 円+税

在庫  ○

若い人に語る戦争と日本人

保阪 正康 著 

昭和は悲惨な戦争にあけくれた時代だった。本書は、戦争の本質やその内実をさぐりながら、私たち日本人の国民性を知り、歴史から学ぶことの必要性を問いかける。

ちくまプリマー新書  新書判   192頁   刊行日 2008/07/07  ISBN 978-4-480-68788-3
JANコード 9784480687883

定価:本体780 円+税

在庫  ○

<敗戦>と日本人

保阪 正康 著 

昭和二十年七、八月、日本では何が起きていたか。歴史的決断が下されるまでと、その後の真相を貴重な史料と証言で読みといた、入魂の書き下ろし。

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 2006/08/09  ISBN 4-480-42257-9
JANコード 9784480422576

定価:本体740 円+税

東條英機と天皇の時代

保阪 正康 著 

日本の現代史上、避けて通ることの出来ない存在である東條英機。軍人から戦争指導者へ、そして極東裁判に至る生涯と全体像を描き出す。

ちくま文庫  文庫判   704頁   刊行日 2005/11/09  ISBN 978-4-480-42163-0
JANコード 9784480421630

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

「戦艦大和」と戦後 ─吉田満文集

吉田 満 著  保阪 正康 編集 

栄光と悲惨の歴史的ドキュメント「戦艦大和ノ最期」と、日本という国のあり方、日本人の生き方を考える珠玉のエッセーを集成。 <br /> 【解説: 保阪正康 】

ちくま学芸文庫  文庫判   544頁   刊行日 2005/07/06  ISBN 4-480-08927-6
JANコード 9784480089274

定価:本体1,500 円+税

  • 1