消えゆく横丁 ─平成酒場始末記

藤木TDC 著 , イシワタ フミアキ 写真

昭和と平成の激動の時代を背景に全国各地から消えていった、あるいは消えつつある横丁の生と死を、貴重写真とともに綴った渾身の記録。

消えゆく横丁 ─平成酒場始末記
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体920円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ふ-34-2
  • 刊行日: 2019/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-43597-2
  • JANコード:9784480435972
藤木TDC
藤木TDC

フジキ ティディシー

1962年生まれ。フリーライター。映画やAVの評論から、芸能史、横丁・小路の歴史探索、実話マンガ原作まで、雑誌を中心に幅広く執筆。著書には『アダルトビデオ革命史』(幻冬舎新書)、『醜聞聖書』(洋泉社)、『東京裏路地〈懐〉食紀行』(共著、ちくま文庫)、『まぼろし闇市へ、ふたたび続東京裏路地〈懐〉食紀行」(共著、ミリオン出版)、『アダルトメディア・ランダムノート』(ミリオン出版)、『昭和幻景J(写真・イシワタフミアキ、ミリオン出版)など多数。

この本の内容

路地裏の狭い通りやガード下に赤提灯や電飾看板が並ぶ横丁酒場。そこには美食や清廉さから遠く離れた人間くさい空気が満ちていた。戦後の闇市を起源とするこれらの横丁も、平成に入ると再開発事業の対象となり、次々と撤去・解体されていった…。昭和と平成の激動の時代を背景に全国各地から消えていった、あるいは消えつつある横丁の生と死、そして再生を見つめた渾身の記録。文庫書き下ろし。

この本の目次

第1部 東京の消えた横丁(人世横丁(東京都豊島区池袋)
百軒店(東京都渋谷区道玄坂)
彦左小路(東京都新宿区百人町) ほか)
第2部 消えた横丁を旅する(東一センター(宮城県仙台市青葉区一番町)
朝日小路(山梨県甲府市朝日)
八幡屋台街(静岡県静岡市駿河区八幡) ほか)
第3部 再生する横丁(新宿ゴールデン街・花園街(東京都新宿区歌舞伎町)
ハーモニカ横丁(東京都武蔵野市吉祥寺本町)
静岡ゴールデン横丁(静岡県静岡市葵区黒金町) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可