酔っぱらいに贈る言葉

大竹 聡

古今東西の小説家、落語家、そしてタクシー運転手が残した酒にまつわる五十の名言をもとに、著者が酒の底なしの魅力について綴る。解説 戌井昭人

酔っぱらいに贈る言葉
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:お-62-4
  • 刊行日: 2019/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-43604-7
  • JANコード:9784480436047
大竹 聡
大竹 聡

オオタケ サトシ

1963年東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリーに。2002年10月、雑誌『酒とつまみ』創刊。著書に、『中央線で行く東京横断ホッピーマラソン』(ちくま文庫)、『下町酒場ぶらりぶらり』『今夜もイエーイ』(本の雑誌社)、『大竹聡の酔人伝』(双葉社)、『もう一杯!!』(産業編集センター)などがある。

この本の内容

古今東西の作家、落語家、タクシー運転手、俳優などによる酒にまつわる名言を集め、それらへの思いを綴ったエッセイ。「酔って小耳にはさんだ客の話。帰りのタクシーの運転手がこぼした小話。…好き好んで何度も読んだ文学作品の数々の中に…星のごとく輝く言葉を見つけると…たったそれだけで、たいそうおいしい酒肴となります」(大酔っ払いの前口上より)。

この本の目次

大酔っ払いの前口上
古今亭志ん生
内田百〓
天王寺のタクシー運転手さん
小倉のタクシー運転手さん
種田山頭火
シャルル・ボードレール
山田風太郎
田村隆一
ヘンリー・オールドリッチ〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可