鴻上尚史のごあいさつ1981―2019

鴻上 尚史

公演の度に観客席へ配られる鴻上尚史の手書き文章「ごあいさつ」を完全網羅。上演時を振り返る「解説」も作品毎に加筆したファン必携のエッセイ集!

鴻上尚史のごあいさつ1981―2019
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0174
  • 整理番号:こ-38-3
  • 刊行日: 2020/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:978-4-480-43636-8
  • JANコード:9784480436368
鴻上 尚史
鴻上 尚史

コウカミ ショウジ

作家・演出家。愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。日本劇作家協会理事。日本演出者協会理事。日本劇団協議会理事。現在はプロデュースユニットKOKAMI@network、2008年に若手俳優を集め旗揚げした「虚構の劇団」での作・演出が中心。これまでに紀伊國屋演劇賞、岸田國士戯曲賞、読売文学賞等を受賞。舞台公演のかたわら、テレビの司会、ラジオDJ、映画監督、など幅広く活動。主な著書に『発声と身体のレッスン』(白水社)『孤独と不安のレッスン』(だいわ文庫)『八月の犬は二度吠える』(講談社)など。写真 Yuki Sugiura

この本の内容

劇団「第三舞台」旗揚げ時から現在に至るまで、新作公演の度に観客席へ配られる鴻上尚史の手書き文章「ごあいさつ」。幕が開く直前の想いを込めた珠玉のメッセージを全公演分収録するだけでなく、上演当時を振り返る「解説」パートを作品ごとに大胆に加筆した。ファンはもちろん「はじめまして」の方も必見!38年間にわたる圧倒的創作活動の軌跡を前に、胸の奥から熱くなるとっておきのエッセイ集。

この本の目次

朝日のような夕日をつれて―はじまりにあたって
宇宙で眠るための方法について―名もなき夜のために
プラスチックの白夜に踊れば―空とぶ赤いクジラ
電気羊はカーニバルの口笛を吹く―カーニバルのはじまりに
朝日のような夕日をつれて’83
リレイヤー―DELAYERになったら
デジャ・ヴュ―ハードボイルド・エッグを食べながら
宇宙で眠るための方法について―再び、はじまりにあたって
岩谷真哉・第三舞台劇団葬御礼
モダン・ホラー〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可