物語は人生を救うのか

千野 帽子

人生はままならないもの。それを引き受けるには人は弱い生きものだ。困難を乗り越えるためには物語が必要だ。それは私たちを救ってくれるのだろうか?

物語は人生を救うのか
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:326
  • 刊行日: 2019/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68351-9
  • JANコード:9784480683519
千野 帽子
千野 帽子

チノ ボウシ

パリ第4大学博士課程修了。文筆家。公開句会「東京マッハ」司会。著書に『人はなぜ物語を求めるのか』(ちくまプリマー新書)、『読まず嫌い。』(角川書店)、『文藝ガーリッシュ』『世界小娘文學全集』(河出書房新社)、『俳句いきなり入門』(NHK出版新書)など。編書に『富士山』『夏休み』『オリンピック』(角川文庫)がある。

この本の内容

世界を解釈し理解するためにストーリーがあった方が、人は幸福だったり、生きやすかったりします。実話とは?そして虚構とは?偶然と必然って?私たちの周りにあふれているストーリーとは何でしょう?

この本の目次

第1章 人間は派手なできごとが好き?
第2章 それ、ほんとの話?
第3章 僕たちの人生に必然性はあるのか?
第4章 人生に本筋はあるのか
第5章 自分の動機を自分は知らない
第6章 ライフストーリーの構築戦略
補説 物語とストーリー、そして表現の責任

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可