世にも美しい数学入門

藤原 正彦 著 , 小川 洋子

数学者は、「数学は、ただ圧倒的に美しいものです」とはっきり言い切る。作家は、想像力に裏打ちされた鋭い質問によって、美しさの核心に迫っていく。

世にも美しい数学入門
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0241
  • 整理番号:11
  • 刊行日: 2005/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-68711-1
  • JANコード:9784480687111
小川 洋子
小川 洋子

オガワ ヨウコ

1962年岡山市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。91年「妊娠カレンダー」で第104回芥川賞を受賞。その後も様々な作品を通じて、私たちを静謐な世界へと導いてくれている。著書に『冷めない紅茶』『ホテル・アイリス』『沈黙博物館』『アンネ・フランクの日記』『偶然の祝福』『まぶた』『博士の愛した数式』『ブラフマンの埋葬』『世にも美しい数学入門』(藤原正彦氏との共著)『ミーナの行進』(谷崎潤一郎賞受賞)などがある。

この本の内容

「美しい数学ほど、後になって役に立つものだ」数学者は、はっきりと言い切る。想像力に裏打ちされた鋭い質問によって、作家は、美しさの核心に迫っていく。

この本の目次

第1部 美しくなければ数学ではない(恋する数学者たちの集中力
数学は役に立たないから素晴らしい
俳句と日本人の美的感受性
永遠の真理のもつ美しさ
天才数学者の生まれる条件 ほか)
第2部 神様が隠している美しい秩序(三角数はエレガントな数字
数学は実験科学のようなもの
幾何と代数の奇妙な関係について
ヨーロッパ人とインド人の包容力
素数=混沌のなかの美の秩序 ほか)

読者の感想

2008.6.25 渡辺 秀之

中学・高校で習った一種無味な数学と異なり、非常にロマンを感じることができた。学校教育の現場でもこの書を用いると効果が大きいと思う。

2007.10.02 poomark

娘(高1)が大好きな作家です。娘の持ってた本「海」を盗み読み(?)感想を娘に話してほとんど会話がなかった親子関係に変化が・・・。もっと読んでみます・・・いい作品を書き続けてください・・・期待しています!!!

2007.6.19 (18歳・女性・大学生)

この本は高校の卒業祝い&大学の合格祝いとして頂いたものです。私は数学科なので、数学に関する本には興味があり、早速読ませて頂きました。…とにかく面白いです!
対談形式で書かれているので、読んでいる側も実際にきいている雰囲気になります。


小川洋子さんの作品は「博士の愛した数式」も読ませて頂きましたが、小川さんの数学に関する表現がとても好きです。
今後も数学に関する作品をゼヒ書いて頂きたいです!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可