はじめての日本神話 ─『古事記』を読みとく

坂本 勝

日本最古の物語からの
メッセージ

神話は単なるファンタジーではない。なぜ古代の人々が見えない神々の世界を想像したのか、〈自然〉と〈人間〉の接点を舞台に読みとく。わかりやすいあらすじつき!

はじめての日本神話 ─『古事記』を読みとく
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:173
  • 刊行日: 2012/01/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68875-0
  • JANコード:9784480688750
坂本 勝
坂本 勝

サカモト マサル

1954年神奈川県鎌倉市生まれ。専修大学大学院博士課程満期退学、法政大学文学部教授。専攻は上代文学。著書に『古事記の読み方』(岩波新書)、監修に『図説 地図とあらすじでわかる! 古事記と日本書紀』『図説 地図とあらすじでわかる! 風土記』(青春出版社)などがある。『益田勝実の仕事』(ちくま学芸文庫)の解説もつとめる。

この本の内容

神話はたんなるファンタジーではない。なぜ古代の人々が見えない神々の世界を想像したのか、“自然”と“人間”の接点を舞台に読みとく。『古事記』の全容がわかる、あらすじ紹介つき。

この本の目次

「いま、ここ」の向こうに
第1部 あらすじで読む『古事記』―神と人の物語(神々の物語(上巻編)
神々の子孫の物語(中・下巻編))
第2部 古代人が出会った“自然”―神と人のまじわる場所(最初の出会い―水と生命がまじわる場所
箸と橋と柱―天と地をつなぐ場所
大地の母胎―死と再生の場所
“食べる”身体―内なる自然)
再び「いま、ここ」の世界に

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可