地域を豊かにする働き方 ─被災地復興から見えてきたこと

関 満博

人口減少・少子高齢化社会を
生き抜くヒント

大量生産・大量消費・大量廃棄で疲弊した地域社会に、私たちは新しいモデルを作り出せるのか。地域産業の発展に身を捧げ、被災地の現場を渡り歩いた著者が語る。

地域を豊かにする働き方 ─被災地復興から見えてきたこと
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:185
  • 刊行日: 2012/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-68887-3
  • JANコード:9784480688873
関 満博
関 満博

セキ ミツヒロ

1948年生まれ。一橋大学名誉教授、明星大学教授。専門は産業論、中小企業論、地域経済論。現場主義を標榜し、100冊を超える著書を持つ。 「日本の製造業が危ない……体系だった後継者育成をしなければならない」と、2000年より全国の工業集積地などで私塾を展開。現在では20近くの都市・地域で塾が動いている。気仙沼市、浪江町などの震災復興委員も務める。『空洞化を超えて』(日本経済新聞社、サントリー学芸賞)、『現場主義の知的生産法』(ちくま新書)、『地域産業の「現場」を行く』1〜5(新評論)など著書多数。

この本の内容

震災により、私たちは「地域」をベースに暮らしていることが痛感された。しかし地域社会は、20世紀型の経済発展モデルに疲弊しきっている。本書は、国内外8000工場を踏査した「現場学者」が被災地を訪ね歩き、地域、そして自分自身が豊かになる働き方を考えた渾身のレポートである。

この本の目次

第1章 震災で鮮明化した「地域」の大切さ―成熟社会の私たちのあり方
第2章 岩手県大槌町/津波災害と地域産業―すべてを波にさらわれた町で(大槌町の被災と復旧の状況
すべてを波にさらわれた跡地で
被災を免れたモノづくり中小企業
小さな港町の地域産業のあり方)
第3章 福島県浪江町/原発災害と地域産業―避難する中小事業者の取り組み(浪江町の被災と避難状況
故郷を離れて
避難した人びとを支えるサービス業、小売業
全てを失い、避難地で再開する製造業
中小企業は地域の「力ある市民」)
第4章 茨城県日立地区/地震災害と地域産業―近くの異業種、遠くの同業種の交流(日立周辺の被災と復旧の状況
ひたち立志塾とネットワーク
驚異的なスピードで回復した製造業
「近くの異業種、遠くの同業種」)
第5章 地域産業と私たちのこれから

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可