女子のキャリア ─〈男社会〉のしくみ、教えます

海老原 嗣生

ハピキャリでいくか
バリキャリでいくか

女性が働きやすい会社かどう見極める? 長く働き続けるためにどう立ち回ればいい? 知って欲しい企業の現実と、今後の見通しを「雇用のカリスマ」が伝授する。

女子のキャリア ─〈男社会〉のしくみ、教えます
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:188
  • 刊行日: 2012/10/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68890-3
  • JANコード:9784480688903
海老原 嗣生
海老原 嗣生

エビハラ ツグオ

1964年生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエージェント入社。人事制度設計などに携わった後、リクルートワークス研究所へ出向、「Works」編集長に。現在、(株)ニッチモ代表取締役。人事・経営誌「HRmics」の編集長。『学歴の耐えられない軽さ』(朝日新聞出版)、『「若者はかわいそう」論のウソ』(扶桑社新書)、『就職に強い大学・学部』(朝日新書)、『仕事をしたつもり』(星海社新書)、『雇用の常識 決着版 「本当に見えるウソ」』(ちくま文庫)など、著書多数。

著者からのメッセージ

しごと女子の将来は、明るいか?/海老原嗣生×上野千鶴子【対談】[全文を読む]

この本の内容

ハピキャリでいくかバリキャリでいくか、「雇用のカリスマ」が徹底検証。

この本の目次

第1章 クリスマスケーキってなんですか?―女子のキャリアの歴史
第2章 男社会って厳しいですか?―企業のホンネ、教えます
第3章 女性が輝く会社って本当ですか?―“できる女”でわかるその会社の女子活用度合い
第4章 事務職ってダメな生き方ですか?―複線ワーカーの庶務は、驚くほど強いキャリア
第5章 「配慮」はされるが「理解」はされない。ママキャリの苦闘―両立の危機に直面する30代女子
第6章 「35歳」が女性を苦しめ過ぎている―20代に修学・就職・仕事・恋愛・結婚・出産なんて
おわりに 五〇歳の私に、何が残せるのですか?

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可