あなたの住まいの見つけ方 ─買うか、借りるか、つくるか

三浦 展

家のことを考えているひとに
楽しく選べる
時代が来た!

住宅は人生最大の買い物、なのに知識が足りない。 今どんな住み方が賢いのか、新しい住み方が生まれているのか。 戦後の変遷をたどりつつ、最新動向を紹介する。

あなたの住まいの見つけ方 ─買うか、借りるか、つくるか
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0277
  • 整理番号:211
  • 刊行日: 2014/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68915-3
  • JANコード:9784480689153
三浦 展
三浦 展

ミウラ アツシ

1958年新潟県生まれ。消費社会研究家、マーケティング・アナリスト。一橋大学社会学部卒業。86年、パルコのマーケティング雑誌『アクロス』編集長、90年、三菱総研を経て、99年、カルチャースタディーズ研究所設立。『下流社会』『東京は郊外から消えていく!』(光文社新書)、『第四の消費』(朝日新書)、『郊外はこれからどうなる?』(中公新書ラクレ)、『東京高級住宅地探訪』(晶文社)、『奇跡の団地 阿佐ヶ谷住宅』(王国社)、『「家族」と「幸福」の戦後史』(講談社現代新書)、『ファスト風土化する日本』(洋泉社)等、著書多数。

この本の内容

住宅は人生最大の買い物、家賃だって高い。なのに知識が足りない。今どんな住み方が賢いのか、どんな新しい住み方が生まれているのか。戦後の日本人の住まい方の変遷をたどりつつ、リノベーション、シェアハウスなどの最新動向を紹介します。

この本の目次

第1章 私の東京住まい遍歴―四畳半暮らしが大家になるまで(四畳半、トイレ共同からスタート
どうやって家を買うのかわからなかった ほか)
第2章 私たちはなぜこのように住んでいるのか?―戦後日本住宅史概説(敗戦直後の住宅不足
借家から持ち家へ ほか)
第3章 人口減少・超高齢社会の新しい住まい方―中古住宅のリノベーション(人口減少と超高齢社会
2000年代に入ると新しい動きが出てきた ほか)
第4章 地域とつながりながら住む―新築でも中古でも賃貸でも(シェアハウスはなぜ人気なのか
シェアハウスのメリット ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可