源氏物語の教え ─もし紫式部があなたの家庭教師だったら

大塚 ひかり

一人娘をもつシングルマザー紫式部は宮中サロンの家庭教師になった。彼女が自分の娘とサロンの主に施した女子教育の中味とは? 源氏に学ぶ女子の賢い生き方入門

源氏物語の教え ─もし紫式部があなたの家庭教師だったら
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:294
  • 刊行日: 2018/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-68999-3
  • JANコード:9784480689993
大塚 ひかり
大塚 ひかり

オオツカ ヒカリ

1961年横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部日本史専攻。古典を題材としたエッセイを多数手がける。著書に、『源氏の男はみんなサイテー』『ブス論』『愛とまぐはひの古事記』『女嫌いの平家物語』(以上ちくま文庫)『本当はひどかった昔の日本』(新潮文庫)『本当はエロかった昔の日本』(新潮社)『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』(草思社文庫)『女系図でみる驚きの日本史』(新潮新書)など多数。また『源氏物語』全6巻の個人全訳も手がける(ちくま文庫)。趣味は系図作り。

この本の内容

シングルマザー紫式部が中宮彰子の家庭教師となり、宮中サロンを盛り立てるために書いた源氏物語。そこには、女子が幸せをつかむにはどうしたらいいのか、自身の苦い思いと経験と、そして知恵が詰まっている。

この本の目次

第1章 姫君の家庭教師・紫式部の教育方針(『源氏物語』の時代―女が生きるのは大変だった
紫式部はなぜ『源氏物語』を書いたのか?
紫式部が「物語」を教材に選んだ理由)
第2章 男に大事にされ、かつ生き延びるには―紫式部が考える理想の女(「男に愛される女」が死ぬという設定―紫式部の真意
源氏の育てた理想の女・紫の上―男に愛され、嫉妬に殺されないためには
自分を大事にした明石の君―身分以上の結婚と出世をするには
決断力の女・藤壺中宮―人の上に立つには
『源氏物語』に描かれる反面教師―時代後れな「理想の女」)
第3章 職場で生き抜くには―人に認められる女になるための処世術(何がなくても自己肯定
セクハラ満載の社会で女が生き延びるには
つまらぬことばも喋り方しだい
とにかく足を引っぱられないようにせよ
赤の他人の親切には感謝の気持ちを)
第4章 死にたいあなたに―あなたを人間扱いしない者とはつき合うな(ダメ女たちの物語・宇治十帖
『源氏物語』の教訓)
おわりに 「ダメ女」は実はダメじゃない(かけがえのない人などいないという教え
誰かの「身代わり」にされた女が「不倫」をする
人から見てダメだっていい)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可