発光妖精とモスラ

戦後文学を代表する三人の作家が創造した大怪獣! 知る人ぞ知る、映画「モスラ」幻の原作、三十余年の眠りから醒め、いま蘇る。スチール写真42点、シナリオ収録。

発光妖精とモスラ
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,553円+税
  • Cコード:0074
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1994/09/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:176
  • ISBN:4-480-80329-7
  • JANコード:9784480803290

この本の内容

安保闘争の熱気さめやらぬなか、戦後文学を代表する3人の作家たちが、新しい大怪獣つくりにいどんだリレー小説。知る人ぞ知る、映画「モスラ」幻の原作、初の単行本化。遊び心と批評精神あふれる想像力の世界。「モスラ」スチール写真42点、シナリオ第一稿、決定稿収録。

この本の目次

発光妖精とモスラ(草原の小美人の美しい歌声
四人の小妖精見世物となる
モスラついに東京湾に入る)
シナリオ モスラ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可