いづくへか

矢川 澄子

「いづくへか帰る日近きここちしてこの世のもののなつかしきころ」晶子のうたに心寄せた表題作他、単行本未収録のエッセイを編む。静かな諦念と真情溢れる一冊。

いづくへか
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,800円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2003/05/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-81451-5
  • JANコード:9784480814517
矢川 澄子
矢川 澄子

ヤガワ スミコ

(1930-2002)東京生まれ。作家・詩人・翻訳家。東京女子大学英文科を卒業後、学習院大学独文科在学中に同人誌『未定』に参加。59年、仏文学者で作家の澁澤龍彦と結婚し、仕事の協力者として活躍するが68年には離婚。以後も、文学活動に従事。小説に『架空の庭』『失われた庭』、詩集に『ことばの国のアリス』、エッセイに『わたしのメルヘン散歩』、翻訳に『不思議の国のアリス』『ほんものの魔法使』など多数。

この本の内容

真情あふれる珠玉のしらべ。単行本未収録エッセイ集。

この本の目次

1 いづくへか(くすんだ聖家族図
目白の怪 ほか)
2 兎穴の彼方に(ありがたい本、めいわくな本
甘えと痛み ほか)
3 心という園生(不思議な童話の世界とわがアリスとのあまりにも興褪めな諸関係について
童画撲滅論、もしくは反素朴派のすすめ ほか)
4 Worlds to Remember(If you’re going to stop a band playing every time someone has an accident,you’ll lead a very strenuous life
Look happy!look happy! ほか)
5 わたしの一世紀(一九〇一〜一〇
一九一一〜二〇)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可