難波ともあれ ことのよし葦

富岡 多恵子

さまざまなデキゴトとコトバにかかわって、「大阪」へ「帰る」感情と「行く」感情がこもごも交錯する――切れ味冴えわたる著者ひさびさのエッセイ集。

難波ともあれ ことのよし葦
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,900円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2005/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-81471-X
  • JANコード:9784480814715

この本の内容

「帰る」大阪と「行く」大阪、さまざまな「事」と「言」が交錯し、切れ味冴えるひさびさのエッセイ集。

この本の目次

1 帰る大阪、行く大阪(大阪旅行記
舞踊の呪術性 ほか)
2 大阪語あれこれ(ピジン・オオサカ語
歌謡曲―大阪のウソ・ホント ほか)
3 読書の周辺で(山と旅と芝居
講義を読む ほか)
4 書評抄(『妊娠小説』(斎藤美奈子著)
『オキーフ/スティーグリッツ―愛をめぐる闘争と和解』(ベニータ・アイスラー著、野中邦子訳) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可