水辺にて ─on the water/off the water

梨木 香歩

カヤックで漕ぎ出す、豊かで孤独な宇宙。
そこは物語の予感に満ちている。
webちくまの人気連載を単行本化

川のにおい、風のそよぎ、木々や生き物の息づかい。カヤックで水辺に漕ぎ出すと見えてくる世界を、物語の予感いっぱいに語る。人気作家の新境地を開くエッセイ。

水辺にて ─on the water/off the water
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2006/11/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-81482-5
  • JANコード:9784480814821
梨木 香歩
梨木 香歩

ナシキ カホ

959年生まれ。小説作品に『西の魔女が死んだ』『からくりからくさ』『家守綺譚』『村田エフェンディ滞土録』『沼地のある森を抜けて』『f植物園の巣穴』『僕は、そして僕たちはどう生きるか』『雪と珊瑚と』『冬虫夏草』『海うそ』など。エッセイに『春になったら苺を摘みに』『ぐるりのこと』『水辺にて』『渡りの足跡』『鳥と雲と薬草袋』などがある。

この本の内容

カヤックで漕ぎだす、豊かで孤独な宇宙。そこは物語の予感に満ちている。

読者の感想

2011.1.01 みちのうえ

何回でも読みたい
この本を買うときは梨木さんのことを存じ上げておりませんでしたが、タイトルと表紙に何かドキドキしたものを感じ購入してしまいました。そしてそのドキドキの通りの感情のまま読み終えることができました。読んでいる間はその世界に吸い込まれてしまい、湖、川、森、物語の世界を梨木さんのうしろに付いて回りながら感じられていたような気がします。

2007.4.02 

本を手にとって自然にうれしくなる。少しずつ読み進めては、楽しみを先のばしにする。のこり少ないページを残念に思いながら、今回はここまでに…と、楽しめる本がとても好きです。私にとって梨木香歩さんの本は、そんな位置を占めるので、次の新刊本がとても待ち遠しく感じられます。
千住博さんが御自身の本の中で、作品は見る人の心の鏡となり…と書いていますが、本も同じですね。

2007.1.31 千住のyou-me

“梨木香歩”という人は謎である。
作家の紹介と一緒に載る写真が一枚も見当たらない。知りたいという強い気持ちは作品を全部読破するうちに薄れた。

「春になったら苺を摘みに」が入門だったがそれ以来の入門の書となったように思う。
梨木香歩を理解する本として、そして静かな癒しの時刻(とき)を得るために最適の本でした。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可