風山房風呂焚き唄 山田風太郎エッセイ集成

山田 風太郎 著 , 日下 三蔵 編集

風呂の焚口に茫然と座っているときれぎれなもの思いが頭を揺曳する。

明治の文学者の貧乏ぶりから死刑執行方法、執筆上の失敗談、「一握の牌」という歌まで、山荘の風呂釜の前で妄想は妄想をよぶ。旅、本などのエッセイ併収。

風山房風呂焚き唄 山田風太郎エッセイ集成
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:328
  • ISBN:978-4-480-81494-4
  • JANコード:9784480814944
山田 風太郎
山田 風太郎

ヤマダ フウタロウ

1922年、兵庫県養父郡の医家に生まれる。『甲賀忍法帖』『くノ一忍法帖』などで数々の“風太郎忍法”を生み出し忍法帖ブームをまきおこす。『警視庁草紙』などの明治を舞台にした小説や、『戦中派不戦日記』『戦中派虫けら日記』などの日記文学、『人間臨終図巻』をはじめ死を見つめた著書等多数。1997年第45回菊池寛賞を受賞。 2001年、尊敬する江戸川乱歩と同じ、7月28日没。

この本の内容

執筆上のうっかり話、明治の文学者の貧乏ぶりから死刑執行方法、はては「一握の牌」という歌つくりまで妄想はばたく長編エッセイ(表題作)をはじめ、旅、食べ物、読書をテーマにした垂涎のエッセイ群。

この本の目次

1 のんき旅(途中下車無用
山中の花 ほか)
2 食はおそうざいにあり(オキュート
ひとり酒 ほか)
3 読書ノート(挫折した人間としてとらえる―『真説宮本武蔵』(司馬遼太郎)
人生の本―『漱石書簡集』 ほか)
4 風山房風呂焚き唄(風山房風呂焚き唄)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可