踏切趣味

石田 千

踏切を急いで渡る子供、荷物を運ぶ主婦、たたずむ老人。踏切で交差するなにげない暮らしの香りからほのみえる一瞬の光をとらえ、つづる。淡く新鮮なエッセイ集。

踏切趣味
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2005/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:160
  • ISBN:4-480-81640-2
  • JANコード:9784480816405
石田 千
石田 千

イシダ セン

1968年、福島県生まれ、東京育ち。國學院大學文学部卒業。2001年「大踏切書店のこと」で第1回古本小説大賞受賞。著書に『月と菓子パン』(新潮文庫)『踏切趣味』(筑摩書房)『ぽっぺん』(新潮社)『店じまい』(白水社)『部屋にて』『みなも』(角川書店)『きんぴらふねふね』『並木印象』(平凡社)『平日』(文藝春秋)等のエッセイ集が多数。2011年、芥川賞候補作品を含む小説集『あめりかむら』(新潮社)を上梓。(写真撮影 久米簡)

この本の内容

急いでわたる子ども、荷物を運ぶ主婦、たたずむ老人。周辺の居酒屋に集うひとびと。大好きな踏切をめざして都内を西から東へ、時には鎌倉、山形まで。線路上で交差する一瞬の光をとらえ、つづり、句を詠む。なつかしくも鮮烈なエッセイ集。

この本の目次

夢舞台―赤羽〜十条
東京のお盆―雑司が谷
踏切感傷―金町
海と山と―吹浦
遮断機なし―西新井
ゆらゆらした町―代々木
チクテカフェ―下北沢
暮れの海―稲村ヶ崎
雨あがり―駒込
強風―九品仏〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可