たまごボーロのように

華恵

大人の世界に
踏み出そうとしている
18歳の姿をぜひ見てほしい。
webちくまの人気連載を単行本化

『小学生日記』から6年。少女の世界は少しずつ学校から離れて、自分の世界を見いだしつつある。大人の世界に踏み出そうとしている18歳の姿をぜひ見てほしい。

たまごボーロのように
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/02/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-81666-5
  • JANコード:9784480816665
華恵
華恵

ハナエ

1991年アメリカ生まれ。6歳から日本在住。10歳よりファッション誌でモデルとして活動。2003年の『小学生日記』(プレビジョン、のち角川文庫)で、その素直な感性と文章を高く評価される。2006年から筆名・芸名をhanae*から華恵に変更し、本書を刊行。続く2007年より『ひとりの時間』『キモチのかけら』『たまごボーロのように』(小社刊)『寄りみちこみち』(角川グループパブリッシング)『華恵、山に行く。』(山と溪谷社)を刊行。

著者に関する情報

「webちくま」にて、「こんにちは、華恵です」連載中。[こちら]

この本の内容

大人の世界に踏み出そうとしている18歳の姿をぜひ見てほしい。『小学生日記』から6年。12歳だった少女の世界は、少しずつ「学校」から離れて、自分の世界を見いだしつつある。

この本の目次

お見舞いに行って
赤い着物
たまごボーロのように
何食べる?
期末テストの前に
保存する記憶は
朝食を笑うな
三匹の子ネコ
携帯減量プラン
怒られたときは
準備室から
カナダの外国人
床屋さんに行く
やさしい日曜日
汚いもの、汚くないもの
死なないネコ
フリマで出会うのは
四月の山を歩きながら
夏までには
いつかきっと

読者の感想

2010.3.17 二瓶智仁

華恵さんの文章にいつも元気を貰っています♪
僕はココロの病気でたまに落ち込むことがあるんですが、華恵さんのエッセイを読んで明るい、嘘のない文章に励まされています。

華恵さんこれからも応援させていただきます。
ありがとうございました。

2010.3.10 二瓶智仁

華恵さんののびやかな文章を読むといつも心が落ち着きます。
僕は統合失調症という病気で、毎日病気と向き合っています。

いつも新しい文章を読むと元気をもらい、病気のことも忘れてしまいます。

これからも華恵さんの文章を楽しみにしています。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可