重松日記

重松 静馬

井伏鱒二の名作「黒い雨」のモデルとなった、原爆の悲惨さを伝える貴重な被爆日記。「岩竹手記」と「黒い雨」創作過程を明らかにする井伏の重松宛書簡も収める。

重松日記
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,600円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2001/05/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-81818-8
  • JANコード:9784480818188

この本の内容

井伏鱒二の名作「黒い雨」を生んだ原資料として知られる幻の被爆日記。自らも被爆、放射能を浴びながら被爆直後の広島市内を徘徊し、その悲惨さ、残酷さを余すところなく伝える貴重な記録である。同じくモデルとなった被爆軍医の「岩竹手記」および、「黒い雨」執筆の経緯を詳細に語る、26通の重松宛井伏書簡を併せて収録する。

この本の目次

火焔の日―死線上の彷徨
被爆の記
続・被爆の記
広島被爆軍医予備員の記録(岩竹博)
重松静馬宛井伏鱒二書簡

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可