さいごの色街 飛田

井上 理津子

取材拒否の街に挑んだ12年
衝撃のノンフィクション!

遊郭の名残りをとどめる大阪・飛田。社会のあらゆる矛盾を飲み込む貪欲で多面的な街に、なぜ人々は生きるのか? 長期取材をもとにした迫真のノンフィクション。

さいごの色街 飛田
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/10/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-81831-7
  • JANコード:9784480818317
井上 理津子
井上 理津子

イノウエ リツコ

フリーライター。人物ルポや旅、酒場をテーマに活動中。12年間かけて書き下ろした「さいごの色街 飛田」を2011年に刊行し話題になった。著書に「大阪下町酒場列伝」「はじまりは大阪にあり」などがある。

著者からのメッセージ

取材拒否の街[全文を読む]

この本の内容

遊廓の名残りをとどめる、大阪・飛田。社会のあらゆる矛盾をのみ込む貪欲で多面的なこの街に、人はなぜ引き寄せられるのか!取材拒否の街に挑んだ12年、衝撃のノンフィクション。

この本の目次

第1章 飛田に行きましたか
第2章 飛田を歩く
第3章 飛田のはじまり
第4章 住めば天国、出たら地獄―戦後の飛田
第5章 飛田に生きる
第6章 飛田で働く人たち

読者の感想

2012.2.08 福勝

平成24年2月7日TBSラジオにて解説者が色々説明に日本の文化に感動しこの本の購入がしたくなりました  

2012.1.03 独身貴族34

はじめまして。
年の瀬でミナミをブラブラしている最中に御本を見つけ、正月三が日で拝読させて頂きました。

私は34歳の独身サラリーマン、はじめて飛田に連れられていったときの衝撃を思い返し、飛田の歴史~現状にいたるまで、興味深く内容を熟読致しました。「悪」でもなく、「正義」でもない、すべてを飲み込むような領域に住まう人たちの人間模様は、ただ日常をたんたんと生きている私には想像ができないものですが、やはり「必要な街」なんだ、と思ってしまいます。完全にオトコ目線と言われればそれまでなんですが・・・

今までこのような社会のグレーゾーンにクサビを打ち込む本と出合えなかったので、少し感動を覚えました。キレイごとばかりがはびこる現代社会の中で、人間の本性が暴き立つ領域、それが飛田の魅力の一つなのかもしれませんね。フェミニストの人が聞いたら激怒するようなものですが。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可