ミステリ作家のたくらみ

松田 道弘

クリスティー、ディクスン・カー、クレイトン・ローソン……。すぐれたミステリ作家はトリックに工夫をこらす紙の上のマジシャンだ。だましのテクニック色々。

ミステリ作家のたくらみ
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1988/11/30
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-82252-6
  • JANコード:9784480822529

この本の内容

みずみずしいトリック精神に満ちあふれた作者のたくらみにめぐりあいたいという気持はいつになっても変ることはありません。この本はここ数年間にあちこちに書いた主としてミステリに関する文章をあつめたものです。読みものとしてもたのしめる解説をというのが一貫した試行(たくらみ)でした。

この本の目次

1 まるで奇術のように(奇術とミステリの接点―『魔術ミステリ傑作選』
チェスタトンのはなれわざ
ブラウンは勿体ないが使いよい
女王陛下のミスディレクション―アガサ・クリスティー
ディクスン・カー『火刑法廷』の仕掛 ほか)
2 トリック・グラフィティー(ただめずらしくあほらしく―超能力者の演出
トンネル・ビジョン
ホームズは甦る―『シャーロック・ホームズ大全』
なつかしい語り口、いろいろ―『クイーンの定員』
だまし合い法廷―和久峻三『裁判官の陰謀』 ほか)
3 そして、うそ、まこと(ウィットのゲームのスーパー・ヒーロー
あっぱれなルール違反
虚構が時代をとびこえるとき―フォーサイス『第4の核』
うそとまことのタイトロープマン―半村良『闇の中の系図』
アナーキーな体制派サキのうそつき調理法 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可