音楽が聞える  ─詩人たちの楽興のとき

高橋 英夫

詩人と音楽は相性がいい

詩人と音楽は相性がいい。朔太郎・白秋・賢治・中也などの作品には通奏低音のように流れる音楽がある。幼少時から音楽に親しんできた著者が作家の思いに耳を傾ける。

音楽が聞える  ─詩人たちの楽興のとき
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,500円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2007/11/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-82362-5
  • JANコード:9784480823625

この本の内容

詩人と音楽は相性がいい。その作品には通奏低音のように流れる音楽がある。幼少時から音楽を鍾愛してきた著者が作家の思いに耳を傾ける。

この本の目次

萩原朔太郎
北原白秋
宮沢賢治
高村光太郎
尾崎喜八
串田孫一
高田博厚
片山敏彦
立原道造
中原中也

読者の感想

2008.2.19 水谷有美

「ふるえる言葉」

私も、詩を書き、朗読をする一人として、とても興味深く読みました。
我が意を得たりとも思うことがあります。声に出して自作の詩を読むと、そこにリズムを感じふるえてきます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可