薔薇の沈黙 ─リルケ論の試み

辻 邦生

『ドゥイノの悲歌』『オルフォイスに寄せるソネット』に結実する詩人の歩みを、作品の具体的分析を通じて明らかにする、{@EBD3}文学の認識の到達点を示す未完の遺著。

薔薇の沈黙 ─リルケ論の試み
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,200円+税
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2000/01/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5変判
  • ページ数:196
  • ISBN:4-480-83802-3
  • JANコード:9784480838025
辻 邦生
辻 邦生

ツジ クニオ

(1925〜1999)東京生まれ、東京大学卒。1963年『廻廊にて』を刊行し近代文学賞、68年『安土往還記』で芸術選奨新人賞、72年『背教者ユリアヌス』で毎日芸術賞、95年『西行花伝』で谷崎潤一郎賞を受賞。歴史小説を中心に独自の文学世界を構築した。

この本の内容

辻文学の認識の到達点を示す遺著。1994〜95年発表の文章を全面的に改稿したまま著者の死によって未完に終わった注目のリルケ論。『マルテの手記』から『ドウィノの悲歌』に登高する詩人の厳しい探求を、作品の具体的分析を通じて明らかにして、著者自身の認識の高みに至る誠実な歩み。

この本の目次

1 変容すること
2 “固有の死”を失うこと
3 物語が崩壊するとき
4 セザンヌからの死
5 “愛する女”の肖像
6 夢のなかの部屋
7 天使のプロフィール
8 天使の現われる場所
9 委託を果す者
10 遠ざかる死者たち
11 見ることの果て
12 大戦のなかの孤独な島
13 “開かれた空間”の声

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可