ポストモダンの正義論 ─「右翼/左翼」の衰退とこれから

仲正 昌樹

これからの「正義」とは?

「社会は進歩する」という理想は失われ、今や右も左も弱体化している――その過程を描き、自らの現場から始める「ミニマルな正義」を推奨する、この時代の正義論!

ポストモダンの正義論 ─「右翼/左翼」の衰退とこれから
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/09/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-84293-0
  • JANコード:9784480842930
仲正 昌樹
仲正 昌樹

ナカマサ マサキ

1963年生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士(学術博士)。現在、金沢大学人間社会環境研究科教授。主な著書に『「不自由」論』(ちくま新書)、『集中講義! 現代の現代思想』(NHKブックス)などがある。

この本の内容

「社会はより良くなる」という「進歩」の理想が失われ、右も左もいまや弱体化している―。200余年にわたるその過程を描き、地球規模の「正義」でなく、自らの現場から始める「ミニマルな正義」を推奨する、この時代の正義論。

この本の目次

序論 「新しい貧困」と“正義”のミクロ化
第1章 市民革命と保守主義の誕生
第2章 進歩の歴史哲学
第3章 進歩と経済成長
第4章 進歩と社会的正義
第5章 ポストモダンと「歴史(進歩)の終焉」
第6章 ポストモダン的な不安と「正義」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可