近現代仏教の歴史

吉田 久一

世紀末的退廃の中で仏教はどこまで「宇宙的共生」を実現できるのか。教団仏教の動向から新宗教ブームまでを鳥瞰し、「活ける仏教」が21世紀に果す役割を問う。

近現代仏教の歴史
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,200円+税
  • Cコード:1015
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1998/02/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-84702-2
  • JANコード:9784480847027
吉田 久一
吉田 久一

ヨシダ キュウイチ

1915-2005年。新潟県に生まれ。1941年大正大学文学部卒業。日本社会事業大学、日本女子大学、東洋大学教授を経て、日本社会事業大学名誉教授。著書:『日本近代仏教史研究(吉川弘文館、1959年)、『日本社会事業の歴史』(勁草書房、1960年)、『日本近代仏教社会史研究』(吉川弘文館、1964年)、『現代仏教思想入門』(筑摩書房、1996年)、『吉田久一著作集(全7巻)』(川島書店、1995年)、『吉田久一社会福祉選書(全4巻)』(勁草書房、1995年)他多数。

この本の内容

世紀末的退廃の中で仏教はどこまで「宇宙的共生」を実現できるのか。教団仏教の動向から、オウム真理教事件などの新宗教ブームまでを鳥瞰し、「活ける仏教」が21世紀に果す役割を問う画期的労作。

この本の目次

序章 「近現代仏教の歴史」について
1章 近世幕藩体制下の仏教(近代仏教史理解のために)
2章 明治維新と仏教
3章 近代国家の確立と仏教の「革新」
4章 帝国主義国家への出立と仏教近代化の形成
5章 大正デモクラシーと仏教
6章 社会的危機=過渡期と仏教
7章 日中戦争・太平洋戦争と仏教
8章 戦後の仏教
9章 高度経済成長期と仏教(低成長期を含む)
10章 20世紀末社会と仏教

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可