終末論の系譜 ─初期ユダヤ教からグノーシスまで

大貫 隆

ユダヤ教の中から生まれた終末思想はいかにしてイエスに継承されたのか。聖書正典のほか外典偽典等の史料を渉猟し、現代思想との対話も試みる渾身の書き下ろし。

終末論の系譜 ─初期ユダヤ教からグノーシスまで
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,200円+税
  • Cコード:0016
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2019/01/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:576
  • ISBN:978-4-480-84747-8
  • JANコード:9784480847478
大貫 隆
大貫 隆

オオヌキ タカシ

1945年生まれ。静岡県出身。東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専攻博士課程修了。1979年ミュンヘン大学にてDr. theol. 取得。東京女子大学助教授、東京大学教授を経て、現在東京大学名誉教授。2010-14年自由学園最高学部長。著書に『イエスという経験』(岩波書店、のち岩波現代文庫)、『グノーシスの神話』(岩波書店、のち講談社学術文庫)、『聖書の読み方』(岩波新書)など、訳書にハンス・ヨナス『グノーシスと古代末期の精神』(全2巻、ぷねうま舎)、エイレナイオス『異端反駁』(全5巻のうち1、2、5巻、教文館)、『ナグ・ハマディ文書』(全4巻、共訳、岩波書店)などがある。

この本の内容

この世の終わりには何が起こるのか―誰もが一度は夢想し、不安を覚えたことがあるに違いない。聖書の世界では、紀元前二世紀のユダヤ教のなかでこの不安が深まり、そして独特な終末論が生み出された。終末思想はいかにしてイエスに継承されていったのか。聖書正典のみならず外典・偽典その他の史料を渉猟し、さらにはベンヤミン、ガダマー、アガンベンなど現代思想家との対話も試みる。これまでの著者の思索を集大成した渾身の書き下ろし。

この本の目次

第1部 初期ユダヤ教の終末論(預言者の終末論
バビロン捕囚以後の地上的・政治的終末待望
「天上の神殿」の表象と神秘主義 ほか)
第2部 イエスと新約聖書の終末論(「神の国は近づいた」―イエス
「人の子」イエスの再臨―パレスチナの原始教会
過去の中に到来している未来―パウロ ほか)
第3部 二世紀の終末論(「新預言」―モンタノス主義
万物の発出と回帰―グノーシス主義
連続的創造―エイレナイオス)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可