食べることの思想

戸井田 道三

身に残り言葉に残る日本人の感性を掘り起し、人間の深層に迫る新鮮無比の日本人論。おしゃぶり、にぎりめしなど十五章につづられた、たぐいまれなエッセイ。

食べることの思想
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,301円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1988/10/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:210
  • ISBN:4-480-85464-9
  • JANコード:9784480854643

この本の内容

たぐいまれな哲学者の絶筆エッセイ。身に残り言葉に宿る日本人の食の感性を掘り起こす、新鮮無比の日本文化論。

この本の目次

おふくろの味
おしゃぶり
料理と割烹
歯固め
おもゆの事など
いない・いない、ばー
火の昔
かまどの焚き口
蛤のおまもり
貝の中
にぎりめし
年玉と言霊(ことたま)
恋心と〓(モヒ)
臼と杵
太鼓焼き

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可