本屋通いのビタミン剤

井狩 春男

小泉今日子と本の売れ行きの相関関係はある。夏目漱石はサイン会をしたか……本の流通に携わる著者だけが知っている、ちょっといい話がいっぱいのエッセイ集。

本屋通いのビタミン剤
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,301円+税
  • Cコード:0063
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1990/02/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-85535-1
  • JANコード:9784480855350

この本の目次

本屋通いのビタミン剤(装丁・福紙・本の匂い
腰まき・辞書・著書サイン
本と木・はなぎれ・上下本
神田書肆街観察学
棚と平台の身の上ばなし
漱石はサイン会をしただろうか?)
本たちの物語(本たちの物語
夏にやってきた大男
M氏の“重さ”のこと
古本屋の贈り物
ぼうずとスリップ
悲しき返品の話
「おりのなかのたよりない面々」
ペリカン便による売れ行き調査
「独眼竜政宗」から「武田信玄」へ
出版界の川中島合戦
小泉今日子と『モモ』
与謝野晶子以来の大型新人類歌人
おフロの中で読む本
真夏のカレンダー商戦
「殺人事件」が流行る季節
ビデオソフトと本屋さん
「私たちの就職手帖」のパワー
商品知識を備えたベテランの話
詠美さま受賞オメデトーございます
人の死と本の売れ行き
スケボー・野菜の本・台本
『岩波文庫総目録』が売れるフシギ
ベテランの万引き屋の話
『サラダ記念日』人気とパロディ
ビデオマガジンの可能性 ほか)
売れる本の秘密(装丁と売れ方の怪しい関係
「吉本隆明」黄金配列之図
全日本出版界影響力記録保持者 小泉今日子
売れる本の秘密
お産と育児の本が売れる時
雪深い地方では売れない本
ベストセラーの陰に若い女あり

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可