中国革命とは何であったのか

文化大革命を主題とした力作『北京烈烈』『文明の再鋳造を目ざす中国』につづく気鋭の現代中国研究者による中国革命の本質を検討・分析した現代中国論。

中国革命とは何であったのか
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,398円+税
  • Cコード:0022
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1990/07/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:232
  • ISBN:4-480-85548-3
  • JANコード:9784480855480

この本の内容

1989年6月4日、「血の天安門事件」衝撃未だなまなましい今日、建国40周年を迎えた中国はなお巨大な混迷のなかにある。

この本の目次

中国革命とは何であったのか―20世紀の巨大な陰と陽
開放中国 これだけの混迷
蒋経国以後の台湾
いまなぜ「儒教文化圏」か―東アジアの活力とその文明的位相
〓@68B0小平は勝ったのか―「人民の波」の高揚と沈潜
革命国家・中国の終わり

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可