日本子育て物語 ─育児の社会史

原始時代から現代まで――子どもの歴史と子育ての歩みを、豊かな資料を引きつつ興味深く語り、日本人の育児の知恵と子どもへの深い思いを明らかにする力作。

日本子育て物語 ─育児の社会史
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,689円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:344
  • ISBN:4-480-85564-5
  • JANコード:9784480855640

この本の内容

原始時代から現代まで―子どもの歴史と子育ての歩みを、豊かな資料を引きつつ興味深く語り、日本人の育児の知恵と子どもへの深い思いを明らかにする。

この本の目次

子育ての迷いの季節に
1 原始時代(〈背〉を〈立てる〉こと
どんぐり拾い・貝集め
鹿や熊や猪や ほか)
2 古代(勧学院の雀のさえずり
「色葉匂へど散りぬるを…」
斎肌帯から百日の餅まで ほか)
3 封建時代・前期(足利学校ありといえど
体力と勇気と武術こそ)
4 封建時代・後期(〈随年教法〉の確立
手習いから見習いへ
〈一姫・二太郎〉主義の養育法 ほか)
5 近代(教育勅語と国定教科書
年少労働者と工場法
ボーイスカウトとスポーツ ほか)
6 現代(「児童憲章」から「子どもの権利条約」へ
〈母と子 共育ち〉の行方
子ども期、空前の長さとなりて)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可