ギリシア文化史 第五巻

ヤーコプ・ブルクハルト 著 , 新井 靖一 翻訳

ギリシア文化史 第五巻
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体6,699円+税
  • Cコード:1322
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1993/11/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:480
  • ISBN:4-480-85704-4
  • JANコード:9784480857040
ヤーコプ・ブルクハルト
ヤーコプ・ブルクハルト

ブルクハルト,ヤーコプ

1818-97年。スイスの美術史家・文化史家。ベルリン大学で、歴史家ランケと美術史家クーグラーに学ぶ。1858年から35年にわたってバーゼル大学教授として歴史学、美術史を講じる。本書の他『コンスタンティヌス大帝の時代』(1853年)、『チチェローネ』(1855年)、『イタリア・ルネサンスの文化』(1860年)、『ギリシア文化史』(1898-1902年)等の著作がある。

新井 靖一
新井 靖一

アライ セイイチ

1929年生まれ。早稲田大学名誉教授。専攻、ドイツ文学・西欧文化史。

この本の内容

アレクサンドロス大王以後のヘレニズム期に、ギリシア人のポリスは内外の党争と戦闘によって自壊するが、天才的民族の文化と精神は、ギリシアを敬愛するローマ人によって救い出され、さらに中世、ルネサンスを経て現代にまで受け継がれた。巨匠の主著たる所以である。

この本の目次

第9章 ギリシア的人間とその時代的発展(アレクサンドロス大王に至る前四世紀の人間〈承前〉
ヘレニズム期の人間)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可