朝日平吾の鬱屈

中島 岳志

大正10年、青年朝日平吾は安田財閥の創始者を刺殺し自害する。彼が抱えた鬱屈と承認願望は現代にも通じるのではないか。その生涯を深く辿り直す、渾身の一冊。

朝日平吾の鬱屈
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2009/09/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-85793-4
  • JANコード:9784480857934
中島 岳志
中島 岳志

ナカジマ タケシ

1975年大阪府生まれ。大阪外国語大学外国語学部ヒンディー語学科卒業後、京都大学大学院博士課程修了。現在、北海道大学准教授。学術博士(地域研究)。2005年、『中村屋のボース−インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社)でアジア太平洋賞大賞、大仏次郎論壇賞を受賞。著書に『パール判事―東京裁判と絶対平和主義』(白水社)、『インドの時代――豊かさと苦悩の幕開け』(新潮社)、『ナショナリズムと宗教−現代インドのヒンドゥー・ナショナリズム運動』(春風社)などがある。

この本の内容

失敗の連続、満たされぬ思い、周囲への憎悪―。閉塞した時代を生きた、無名の青年・朝日が最後に選んだのは、単独テロ。やがてそれはテロの連鎖を生み、大いなる悲劇を招く。何が彼をそこまで駆り立てたのか?その軌跡を鋭く描く。

この本の目次

第1章 若き日
第2章 大陸浪人
第3章 鬱屈
第4章 空回り
第5章 暗殺
第6章 テロルの時代

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可