木と水の建築 伊勢神宮

川添 登

神宮建築論の集大成!

川と森に囲まれ、古代の姿をいまにとどめる伊勢神宮。延暦年間の『儀式帳』に残された寸法書をめぐる謎に迫り、日本の建築と精神文化の原型を探る神宮論集成。

木と水の建築 伊勢神宮
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,200円+税
  • Cコード:0021
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/12/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:280
  • ISBN:978-4-480-85794-1
  • JANコード:9784480857941

この本の内容

五十鈴川と杉木立に囲まれ、古代の姿をいまにとどめる伊勢神宮。その絶えず生まれかわる永遠の造形はいつ誕生したのか。延暦年間の『皇太神宮儀式帳』に残された寸法書をめぐる謎に迫り、日本建築の原型と精神文化の原点をさぐる。現代建築の評論家である著者が半世紀にわたりとりくんできた畢生のライフワーク。

この本の目次

序章 木と水の形象としての伊勢神宮
第1章 神宮建築と真床追衾
第2章 日本建築の原型
第3章 式年遷宮と神宮建築
第4章 伊勢神宮の起源
第5章 伊勢神宮の確立

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可