なぜ人は走るのか ─ランニングの人類史

トル・ゴダス 著 , 楡井 浩一 翻訳

人類は走るために
進化した。

人類は走るために進化し、常に走り続けてきた。ランニングの何がこれほど人を魅了するのか。古今東西の記録をたどり、人にとって「走る」ことの意味と魅力に迫る。

なぜ人は走るのか ─ランニングの人類史
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,700円+税
  • Cコード:0075
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/12/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-85798-9
  • JANコード:9784480857989
トル・ゴダス
トル・ゴダス

ゴダス,トル

1965年、ノルウェーのオスロ出身。専門は民俗学と文化史。著書に「The Gypsies」、「The First in the Race: The History of Cross-Country Skiing in Norway」、「Ski Makers: The History of Norwegian Skis」など。

楡井 浩一
楡井 浩一

ニレイ コウイチ

1951年生まれ。英米ノンフィクション翻訳家。訳書に、ザカリア『アメリカ後の世界』スティグリッツ『フリーフォール』(以上、徳間書店)ダイアモンド『文明崩壊』シュローサー『ファストフードが世界を食いつくす』(以上、草思社)(徳間書店)などがある。

この本の内容

大地を駆け抜けていくための優美な躍動感と筋肉の巧みな調和。人類は走るために進化し、走ることによってさらなる進化を遂げた。長い人類史のなかで、人はさまざまな理由で走ってきた。援軍を求めるため、勝利を伝えるため、神に祈りを捧げるため、もっと速く、もっと遠くへ―それはいつしか限界への挑戦に変わり、いまやサハラ砂漠二四〇kmや南極二五〇kmの走破に挑む人々がいる。いったい人はなぜ、そうまでして走るのか。古今東西、走り続けてきた人類の記録をたどり、人間にとって「走る」ことの意味と魅力に迫る。

この本の目次

伝令と先触れ
人類の本質的な特徴
神々に捧げるレース
古代ローマの競技会
象との競走
走る修行僧
賭けレースと時計の発明
フランス啓蒙主義も走る
一九世紀の飽くなき挑戦者
アマチュア精神の希求〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可