同時代史

タキトゥス

暴帝ネロの死に始まり「三度の内乱、四元首の暗殺、平和ですら血腥かった時代」を描いて『年代記』と並ぶ古代ローマ最大の歴史家の筆になる一大歴史叙述。本邦初訳。

同時代史
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,700円+税
  • Cコード:3022
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1996/10/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-86102-5
  • JANコード:9784480861023
タキトゥス
タキトゥス

タキトゥス

56頃-120年頃。ローマ帝政初期の歴史家。元老院議員として、法務官、執政官を務め、晩年にはアシア属州(小アジア西部)知事となる。共和政への郷愁と元首政への疑問を文筆活動の主題とし、『雄弁家についての対話』『同時代史』『年代記』などを著わす。

この本の内容

悪名高き暴帝ネロ自殺のあと、すさまじい政争を描くローマ古典の本邦初訳。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可