北方領土問題と日露関係

長谷川 毅

北方領土問題の歴史と展望。21世紀の日露関係のあり方を考える。ゴルバチョフ、エリツィン時代の交渉史に重きを置いた記述は政治ドキュメントとしても白眉。

北方領土問題と日露関係
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体5,800円+税
  • Cコード:1021
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2000/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:376
  • ISBN:4-480-86111-4
  • JANコード:9784480861115

この本の内容

好転するかに見えて逆戻り、の振り子現象の北方領土問題。主にゴルバチョフ、エリツィン時代の日ソ・日露関係を綿密に分析、問題の所在を明らかにし、解決策を探る。北方領土の亡霊は、日露関係の修復を未だに妨げている。21世紀日露新時代への提言。

この本の目次

第1部 北方領土問題の起源(北方領土問題の起源―18世紀から第二次世界大戦まで
第二次世界大戦と北方領土問題
戦後の日ソ関係―サンフランシスコ条約からブレジネフ期まで)
第2部 ゴルバチョフ時代の日ソ関係(序盤戦―1985年‐1986年
冷却への後退―1986年‐1987年
冷却期からの脱却―1987年‐1988年秋 ほか)
第3部 エリツィン時代の日露関係(二頭政治時代―1991年8月‐12月まで
エリツィンの訪日キャンセル―1991年12月‐1992年9月まで
エリツィン訪日と東京宣言―1992年9月‐1995年末まで ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可