ブルクハルト文化史講演集

ヤーコプ・ブルクハルト 著 , 新井 靖一 翻訳

原稿を書くのと同じ情熱と準備をもって講演に臨んだブルクハルト。教授就任から大学を去るまでの四十数年間にわたる、ギリシア史、中世史、近代美術史講義。

ブルクハルト文化史講演集
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体6,200円+税
  • Cコード:1022
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2000/10/02
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-86114-9
  • JANコード:9784480861146
ヤーコプ・ブルクハルト
ヤーコプ・ブルクハルト

ブルクハルト,ヤーコプ

1818-97年。スイスの美術史家・文化史家。ベルリン大学で、歴史家ランケと美術史家クーグラーに学ぶ。1858年から35年にわたってバーゼル大学教授として歴史学、美術史を講じる。本書の他『コンスタンティヌス大帝の時代』(1853年)、『チチェローネ』(1855年)、『イタリア・ルネサンスの文化』(1860年)、『ギリシア文化史』(1898-1902年)等の著作がある。

新井 靖一
新井 靖一

アライ セイイチ

1929年生まれ。早稲田大学名誉教授。専攻、ドイツ文学・西欧文化史。

この本の内容

本書は底本としてJacob Burckhardt,Gesamtausgabe(Bd.1‐14),Deutsche Verlags‐Anstalt,Stuttgart,Berlin und Leipzig 1929‐1934(全集版)の第十四巻『Vortr¨age』(講演集)を使用し、さらにJacob Burckhardt,Kulturgeschichtliche Vortr¨age,Alfred Kr¨oner Verlag,Stuttgart 1959(クレーナー版)を参照した。本訳は全集版に収められている二十六篇の講演のうちから十七篇を選び、これにクレーナー版の講演集の中からさらに一篇を加え、十八篇として訳出したものである。

この本の目次

後期ギリシア人の料理法について
ギリシア人の学術的功績について―大学記念祭における講演
古代人の奉納品
ピュタゴラス(真実と創作)
古代の祝祭行列について
攻城者デメトリオス
アルマニャック派傭兵遠征時代(一四四四年)におけるフランスの状況について―教授資格取得講義
グレゴリウス一世(大教皇)統治下のローマの状態
シラー生誕百年記念講演
ホメロスの「パイアケス人の国」
ネーデルラントの風俗画について
レンブラント
美術コレクションについて
物語画について
近代肖像画の始まり
絵画と新約聖書
アンソニー・ヴァン・ダイク
芸術作品におけるアレゴリー

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可