金持ち父さんの投資ガイド 入門編

ロバート・キヨサキ 著 , シャロン・レクター 著 , 白根 美保子 翻訳

「金持ち父さん」シリーズ待望の第三弾の上巻。投資家になると決めたロバートのために、金持ち父さんが投資家に必要な心構えと基礎知識を説いた16のレッスン。

金持ち父さんの投資ガイド 入門編
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0033
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/03/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:288
  • ISBN:4-480-86336-2
  • JANコード:9784480863362
ロバート・キヨサキ
ロバート・キヨサキ

キヨサキ,ロバート

Robert Kiyosaki
 ハワイ生まれの日系四世。教育者の家庭に育ち、ハイスクール卒業後、ニューヨークの大学へ進学。卒業後は海兵隊に入隊し、士官、ヘリコプターパイロットとしてベトナムに出征した。帰還後、ビジネスの世界に乗り出すと、1977年ナイロンとベルクロを使ったサーファー用の財布を考案し、会社を起こして大成功した。その後いくつもの会社を起こし、1994年に47歳でビジネス界から引退すると、金持ち父さんから学んだ教えを広めるため、ボードゲーム『キャッシュフロー』を考案し、『金持ち父さん 貧乏父さん』を書いた。
『金持ち父さん』シリーズは、世界で2600万部を突破した。多くの読者が、この本を読んで人生が変わったという経験をしている。

シャロン・レクター
シャロン・レクター

レクター,シャロン

Sharon Lechter
「金持ち父さん」シリーズの共著者。公認会計士、会社のCEOでもあるレクターは、三児の母として教育に深い関心をもってきた。フロリダ州立大学で会計学を専攻し、当時全米トップ・エイトに入る会計事務所に所属。その後コンピュータ会社のCEOのほか、ウィスコンシン州初の女性雑誌の創刊や、世界初の「しゃべる本」の開発にも参加した。
 ロバート・キヨサキと出会い、今の学校教育に欠けている「お金についての教育」を広めようと、ロバートとキム・キヨサキとともにリッチダッド・カンパニーを設立し、積極的に活動している。

この本の内容

投資についての本を読むのは初めてで、もしかしたら複雑すぎるのではないかと心配している人も心配にはおよばない。読者のみなさんにお願いすることはただ一つ、自ら学ぼうという姿勢を持って、先入観にとらわれることなく柔軟な頭で最後まで読み通すことだけだ。たとえすべてが理解できなくても、この本を最後まで読み通せば、いま実際に投資をしている多くの人や、いま投資に関して他人にアドバイスを与えている人たちよりも、投資についてずっとよく知ることになるはずだ。

この本の目次

第1ステージ 投資家になる心構えはできているか?(「何に投資したらいいのでしょう?」
しっかりした土台を築く
金持ち父さんの十六の投資家レッスン
九十対十の謎とは何か?)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可