東京β ─更新され続ける都市の物語

速水 健朗

2020年の東京オリンピックをひかえ、いま東京は大きく姿を変えつつある。映画や小説から「新しい東京」を読みとく都市文化論!

東京β ─更新され続ける都市の物語
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2016/04/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-86443-7
  • JANコード:9784480864437
速水 健朗
速水 健朗

ハヤミズ ケンロウ

1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。コンピュータ誌の編集を経て現在フリーランスとして活動中。専門分野は、メディア論、都市論、ショッピングモール研究、団地研究など。TBSラジオ『文化系トークラジオLife』にレギュラー出演中。著書に『自分探しが止まらない』(ソフトバンク新書、2008年)、『ケータイ小説的。』(原書房、2008年)、『ラーメンと愛国』(講談社現代新書、2011年)、『都市と消費とディズニーの夢』(角川oneテーマ21新書、2012年)など。

この本の内容

湾岸再開発、観光都市化、2020年東京オリンピック…大激変の全貌、最新版。フィクションから“東京の変化”を探る、画期的都市論!

この本の目次

第1章 東京湾岸の日常―家族と高層集合住宅のクロニクル
第2章 副都心の系譜―二つの刑事ドラマから見る副都心の発展
第3章 東京のランドマーク変遷史―東京タワーからスカイツリーへ
第4章 水運都市・東京―水の都江戸と二層レイヤーの都市
第5章 接続点としての新橋―鉄道とテレビ、二つのメディアのステーション
第6章 空の玄関・羽田空港の今昔―観光の時代の始まりと現在

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可