クラフツマン ─作ることは考えることである

リチャード・セネット 著 , 高橋 勇夫 翻訳

ローマ帝国の煉瓦職人から名器ストラディヴァリの工房まで、近代世界が忘却したクラフツマンシップ(製作者本能)の由来をたずね、その現代的意味を問い直す。

クラフツマン ─作ることは考えることである
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,000円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2016/07/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:544
  • ISBN:978-4-480-86445-1
  • JANコード:9784480864451

この本の内容

“ホモ・ファーベルhomo faber(作る人)”の社会学。ローマ帝国の煉瓦職人から名器ストラディヴァリウスの作業場まで、近代世界が忘却したクラフツマンシップ(職人的技能)の由来と本質をたずね、その現代的意味を問い直す。

この本の目次

自分自身の製作者としての人間
第1部 クラフツマンたち(悩めるクラフツマン
作業場
機械
物質への意識)
第2部 クラフト(手
表現力の豊かな指示
道具を目覚めさせる
抵抗と曖昧)
第3部 クラフツマンシップ(品質にこだわる作業
能力)
哲学の作業場

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可